マリッジリングは長く所有することを前提に選ぼう

マリッジリングは長く所有することを前提に選ぼう

新郎新婦が結婚式で交換してから毎日のように身につけることになることも多いマリッジリングは、何十年も手元に置いておくことになることも少なくありません。
そのため購入する際には将来のことも考えて選ぶと、愛着を持って長年使用し続けられる可能性があるのでお勧めです。
それぞれの人の好みやライフスタイルに合った指輪を選ぶことも大切ですが、飽きないで長年所有できるデザインを選ぶことも大切になります。
もし飽きてしまった場合には、使わないまま眠らせてしまうことにもなりかねないからです。
せっかく購入したのに使わないままになってしまっては勿体ないので、飽きないデザインがお勧めです。
また年齢を重ねても着けられるようなマリッジリングを選ぶようにすると良いでしょう。
それらに加えて、あまり窮屈すぎることない余裕のあるサイズを選ぶと安心です。
そしてマリッジリングの購入店舗を選ぶときには、アフターサービスの有無にも注目しておきたいところです。

一般的なマリッジリングのカラーとその色味の違い

マリッジリングのカラーは、お店に行くとシルバーやゴールドなどが多く見られます。
基本的にはこれらのカラーの中から選ぶと考えておくと良いでしょう。
特にシルバーのマリッジリングは主流となっており、常につけていても目立つことがないのでおすすめです。
ゴージャスな印象を演出したいときにはゴールドの物も検討してみると良いでしょう。
シルバーに比べると多少派手さはありますが、神々しく輝く色合いは付けている者の気分を高めてくれます。
個性を演出するために少し違った色味のものを選びたいというのであれば、シャンパンゴールドのマリッジリングなどが良いかもしれません。
これはいわゆる黄色みがかった金色ではなくて、わずかにピンクがかった色が特徴です。
どちらかと言うと肌色に近い色なのでなじみやすく、女性に好まれやすい淡い色合いも人気の理由です。
ダイヤモンドなどを色のついたものに付け替えることで、ワンポイントとしてアクセントを足すこともできます。
シルバー一色では地味に感じると言う人はお店の方に相談してみてください。

著者:浦山五郎

筆者プロフィール

岡山県倉敷市生まれ。
大学卒業後ウエディングプランナーとして活躍。
自身の経験をもとに結婚に関する記事を多数執筆しています。